正確に測る

運送業では積極的に導入

デジタコとは、デジタルタコグラフのことで、車両運行記録計のことを言います。運行速度や時間といったデータをメモリーカードに記録することで、ドライバーが法定速度や休憩時間を守っているかがわかるようになっています。その記録はコンピューター処理によって帳票や画面に解析結果が自動で表示できるようになっていますので、ドライバーのエコドライブへの意識を高める効果や事務作業の効率化が実現できます。デジタコはアナログタコメーターに比べると、性能も良さでは勝りますが、導入の際の設備投資には若干費用がかかってしまうことを知っておかなければなりません。また、エコドライブの意識は高まりますが、法定速度の厳守を意識するあまり、ドライバーのストレスが溜まってしまうというデメリットもあります。

デジタコを導入するメリットとは

最近では地球環境のためのあらゆる政策がなされており、エコへの意識が高まりつつあります。デジタコもエコドライブの意識を高めるにはとても有効的な手段の一つといえます。エコドライブは環境に良いことはもちろん、法定速度を守る意識を高めることによって安全運転を心がけるようになり、運転技術も高める効果もあるのです。デジタコを導入するメリットは何よりもエコドライブのメリットにもつながりますが、ドライブの速度や距離、時間のほかにもエンジン回転数や急発進、急加速の記録、ドアの開閉回数や車の位置情報など、要求に応じて様々な記録をとることができます。デジタコの記録でドライブの状況を詳しく分析ができるので、運転状況の改善にも役に立ちます。